学生中のアルバイトで奨学金の返済を

大学生の方で、大学の学費を奨学金で支払っているという方は多いかと思います。
奨学金というのはあくまでも借りているお金なわけですから、卒業後には返済をしなくてはいけません。
最近はその奨学金の返済が苦しくて…という話もよく目にします。
卒業後に就職が決まらないという方も多いですし、就職できても奨学金の返済ができるだけの余裕ある収入が得られないというケースも多いでしょう。
現在そういった方が非常に多くなっている事を考えると、学生のうちからアルバイトをするなどして返済のための資金を貯めておいた方が良いでしょう。
アルバイトをしているという方は多いかとは思いますが、先のためにというよりも欲しい物を買ったり遊んだりに使っている学生も多いかと思います。
気持ちはわかりますが、奨学金というのは借金であるという自覚を持ち、卒業後に備えておいた方が懸命です。
アルバイトをして貯めたお金で卒業後に一括で繰り上げ返済をすれば、それだけ返済期間を短縮することができ、
期間が短縮できればそれだけ支払うことになる利息の金額というのも少なくすることができます。
卒業後に就職できないという可能性もあることを考えれば、学生のうちにアルバイトをしておくのがオススメですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

生活保護受給者の奨学金の返済

最近奨学金についてニュースなどで話題になることもありますよね。
奨学金を借りたは良いものの、返済ができなくて困っているという話が非常に多くなっているようです。
不景気な時代でなかなか収入も増えないという中で、子供の学費を捻出するのが難しいという方は多いでしょう。
それどころか、仕事を失ってしまって生活保護を受給して生活をしているなんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。
もしそういった生活保護受給をしている方の場合は奨学金を借り入れることはできるのでしょうか?
日本学生支援機構のホームページを見てみると、生活保護を受給している方であっても奨学金の申請は可能となっています。
つまり生活保護受給者であっても借りられる可能性はあるということですね。
借りられるかどうかは親の収入が影響する他に本人の成績というのも関係してくることになりますので、成績が良ければ収入が少なくても、ということはあるのかもしれませんね。
また、借り入れする時には問題がなくても子供が大学を卒業する頃に失業したなどで生活保護受給者になってしまったという場合。
そういった場合で返済が困難ということであれば、返済の猶予や免除を申請することもできます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

公務員なら奨学金の返済免除?

日本学生支援機構から借りいれした奨学金というのは当然ながら大学の卒業後には返済をしなくてはいけないわけなんですが、
中には返済が免除になるケースというのがいくつかあります。
例えば、公務員の方の場合だと奨学金の返済をしなくてもよくなるというケースがあるのです。
公務員だからということだけで無条件で返済が免除になるというわけではなく、
公務員の一部に免除職というものがあり、条件を満たしていることによって免除となります。
奨学金の免除職とされているのは例えば小中高校の校長や教頭、教諭、高専や大学の教授や准教授、助教授など
少年院で教育をする職、試験所や研究所などの施設で教育や研究を行う職の方となっています。
つまりは教育や研究などを行っている方の場合だと免除になるということになりますね。
また、ただこれらの公務員なっただけではなく、15年間在職しなければいけないという条件もあります。
もしこれらの職業に就くことを考えているということであれば、借り入れた奨学金の返済が免除になるということを覚えておくと良いでしょう。
基本的にこの免除については対象者には特別免除のてびきというのが渡されるため、手続きなどはありません。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

医者になるための奨学金とその返済

最近よくニュースで奨学金の返済ができなくて困っているなんていう話を目にしますよね。
中には返済をせずに踏み倒そうとする人も増えているなんていうことが話題になっています。
そもそも奨学金というのは学ぶためのお金をもらうことができるわけでもなんでもなく、借金と同じようなものですから、利息をつけて返済しなくてはいけません。
奨学金というとなにか一つのものと思っている方もいるかもしれませんが、いろいろと種類があります。
例えば医者の卵になろうという方の場合だと医学生向けの医学生奨学金せいどというものがあります。
医者になるために医科大学や医学部などに通うための学費を貸し付けている奨学金ということですね。
この医者になるための奨学金の特徴というのはやはりその金額が大きいという点でしょう。
一般的な大学と比べて医学部などは学費が高いというのはよく知られていることかと思います。
つまりそれだけ借り入れする金額も大きくなり、返済する金額も大きくなるということになりますね。
医者になってしまえば一般的なサラリーマンよりも高収入になるとは言え、それまでにはそれなりの年数がかかるわけですし、
奨学金なしでは学費を捻出できないという方も多いのでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

障害者の方の奨学金の返済について

大学の学費のために奨学金を利用している方は全体の5割にも達するとのことで、非常に多くの方が利用しているということですよね。
以前よりも利用者は増えているということですが、中には障害者の方の利用というのもあるかと思います。
最近は奨学金の返済が困難だということでいろいろと問題にもなっているわけですが、
障害者の方の場合卒業後の仕事や収入の面で不安があるという方も多いのではないでしょうか。
実際卒業後に奨学金の返済が難しくて困っているという方もいらっしゃるかと思います。
そういった場合、障害者の方であればいくつかの配慮がされているので、相談すれば負担を軽減することも可能です。
例えば返還起源の猶予を願い出ることができたり、毎月の返還金額を半額に減額することや、免除などを願い出ることも可能となっています。
借り入れする時点では障害がなかったが、卒業後に何らかの障害を負ってしまったという場合でも同様です。
もし精神的、あるいは身体的な障害などが理由で収入が低下したり、あるいは無くなってしまったりして返済が困難だということであれば、
このように猶予や減額、免除などを申請することができますので、日本学生支援機構に相談してみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

奨学金の返済を無視すると?

奨学金を利用して大学に通っている方というのは近年増えているということですが、
その半面で借りたは良いものの返済が難しいという方も増えているようです。
当然奨学金は借金と同じですから、借りたら返済をしなくてはいけないわけなのですが、最近は返済をせずに無視しているという方も多く問題になっているようですね。
奨学金の返済を無視していると、延滞という形になるため、延滞金が発生することになりさらに負担が増すことになります。
しかし、返す気がない人はその延滞金についても無視するというわけですね。
そういった状況が続くと督促があったり、場合によっては法的な手続きをとられることもあるでしょう。
連帯保証人を立てている場合にはその連帯保証人の方に返済が迫られることにもなるかと思います。
奨学金は借金ですから、借りたらきちんと返すというのが当然のことです。
踏み倒せるなんていう話もあるようですが、裁判などになればそれで勝てるはずはありませんよね。
返すあてがないのであればそもそも借りるべきではないでしょうし、
返すつもりでいたけれど経済的に厳しくなってしまったということであれば、
返済の猶予を願いでることもできますので相談してみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

旦那に奨学金の返済があったら

最近テレビや新聞のニュースを見ていると奨学金に関する話題というのもよく目にしますよね。
奨学金を借りたは良いものの、なかなか返済が困難だという人が多くなっているようですね。
奨学金というのは学費のために借り入れするものではありますが、
言ってみれば借金と同じなわけですから、当然返済をしていかなければいけませんし、返済できないようなら借りてはいけないものだとも言えます。
最近よく目にする話題としては結婚後に旦那に奨学金の借り入れがあることがわかった、なんていう話ですね。
旦那に奨学金の借り入れがあるということは要は借金があるのと同じことになるわけですから、家計的にも厳しいと言えますよね。
すでにどのくらい返済しているのか、どのくらい借り入れしているのかにもよりますし、
旦那さんが自分で責任を持って返していくということであればなんの問題もないのかもしれませんが、
だいたい家計を預かるのは奥さんですから、そういったことを知らずに結婚すると困惑する方も少なくないのかもしれません。
確かに借金の一種ではありますから生活が苦しくなるのではと心配することもあるかもしれませんが、
経済的に支払いが困難になった場合は猶予の申請などもできますから知っておきましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

母子家庭の場合の奨学金の返済について

子供の学費というのは家計にとっては大きな負担になるものではありますが、それでも子供には十分な教育はうけさせてあげたいものですよね。
経済的に学費の負担が厳しいという家庭のためにあるのが奨学金というものですが、
奨学金もあくまで借りるものであるため、返済が難しいので借りることもできないという方もいらっしゃるかもしれませんね。
中には母子家庭なので経済的に奨学金の利用も困難というケースもあるかもしれません。
そういった場合、母子家庭の方向けの奨学金制度というのもありますので検討してみてはいかがでしょうか。
通常の奨学金の場合は利息がついてくるので、借りた分以上の返済が必要になってきます。
しかし、母子家庭向けの奨学金制度の場合は無利子で借り入れすることができるため、その分返済の負担が軽減されるということになります。
母子家庭向けの奨学金は母子福祉資金貸付金というもので、各都道府県からの貸付ができる制度となっています。
返済の期間についても最大20年間となっていますので、ある程度余裕を持って借りることができます。
基本的に連帯保証人が必要となるのですが、連帯保証人がいない場合でも1.5%の金利で借りることができます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

奨学金の返済が遅れる場合

大学進学のために奨学金を利用した場合、大学を卒業後には返済をしていかなくてはいけませんね。
奨学金の返済は毎月指定した口座からの自動引き落としということになるのですが、
その口座に必要な金額を入れておくのを忘れてしまったり、そんな余裕がなかったりというケースもあるでしょう。
もし奨学金の返済が遅れるようなことになった場合はどうなってしまうのでしょうか。
返済が遅れるような状態になると、エンタという形になってしまいます。
奨学金は延滞という状態になってしまうと延滞金が発生してさらに負担が増えることになってしまいますので注意が必要です。
もし自動引落しができなかったような場合には振替不能のお知らせが届けられたり、あるいは督促の電話がかかってくることになります。
もし振替日よりも前にどうしてもお金が用意できる返済が遅れるということであれば、
そのまま放置するのではなく、学生支援機構に相談すると良いでしょう。
経済的に返済が困難であるなど、きちんとした理由があって支払いができないということであれば、
申請をして猶予をもらうこともできる場合があります。
猶予は最大5年間まで受けることができますから、おうしても支払えない場合には相談して申請しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ボーナスで奨学金の返済を

奨学金の借り入れをした大学への進学をしたという方も多いかと思います。
大学卒業したら借りていた奨学金も返済してくことになるわけですが、
借りていた奨学金には当然利息がついてくることになりますよね。
ですから、返済期間が長くなればなるほど支払うことになる金額も大きくなるということになります。
返済総額を小さくするためには返済期間を短くすれば良いというわけですから、
例えばボーナスが入ったらそれである程度まとめて繰上げ返済をするというのも有効です。
ボーナスが入ると贅沢をしたくなってしまうものですが、
奨学金というのは要は借金なわけですから、それを完済するまではボーナスで贅沢するのは我慢して、
余裕のできたお金は繰上げ返済に充てるのが賢いと言えるでしょう。
ボーナスでまとまった金額を繰り上げて返済すればそれだけ元本が減ることになるわけですから、
最終t機に支払うことになる総額を減らすことができます。
その時はお金に余裕がなくなって苦しいかもしれませんが、後々の事を考えればそのほうが経済的には良いことですよね。
もちろん入ったボーナスを全額奨学金の返済に充てなくても、可能な範囲で返していくということでもよいでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。